小山慶一郎の高校&大学にまつわるエピ。元彼女の逆襲とは

NEWSの小山慶一郎くんの出身高校や大学にまつわるエピソード。

そしてかつて付き合っていたと思わしき彼女によって受けた被害とは。

小山慶一郎mamaike

色々語れそうなところがあったので
その辺りの事情や真相について、取り上げてみました。

 

Sponsored Link

 

出身高校や大学

小山慶一郎くんが最初に入学した高校は
地元にある、横浜隼人高等学校です。

ここは偏差値が60程度と、けっこう
頭が良い方の学校ではあるのですが
それでも小山くんにとっては大きな挫折であったようです。
(なかなか嫌味な話ではありますが(笑))

さらに高校生活でイケイケなキャラになって
高校デビューを目論んでいたのですが
それも失敗してしまい、もう「人生終わった」と思ったそうな。

小山慶一郎gakuseihuku

実際その程度の挫折で人生終わってたら、
99%の人の人生はすでに終わってると思います(笑)

そう思って毎日打ちひしがれて人生を送っていたところ、
その姿を見かねたお姉さん(後のみきママ)が
ジャニーズ事務所に履歴書を送り、審査が通過しました。

 

そこから小山くんの人生は激変するのでした。。。

こちらでは、そのみきママと小山くんのご家族のテーマをまとめています。

小山慶一郎の姉はみきママで実家は龍太郎!ブログもアリ

 

これって凄くないですか?

人生が完全に悪い方に行ってしまって、
もう終わったと思っていたら(もちろん全然終わってないのですが)
災い転じて福を成すとはまさにこのこと。

小山くんの今です。

もし高校の第一志望に受かり、そして高校デビューに成功していたら
恐らくお姉ちゃんは事務所に履歴書を送らなかったでしょうし、
そして小山くんはジャニーズになることはなかったと思います。

人生諦めずにいれば、これほど極端な展開はないにしても
自分が「あの時上手く行かなくて逆に良かった」
と思える展開は必ずあると思います。

こういう考え方をしていくことで、
もう少し人生を前向きに生きられるのではないかと私は思います。

 

しかしながら横浜隼人高は芸能活動が
許可されていない高校だったので、
その後小山くんは相武台高等学校に転校。

この高校は偏差値49程度ということで
それほど高くないのですが、それでも
小山くんは勉強をしっかり頑張っていました。

結局芸能活動に力を入れたいからという
前向きな理由での転校であったので、
学業も疎かにすることはなかったんですね。

結果、明治大文学部という、偏差値60を超える
なかなかの難関大学に入学し、そして卒業しているのです。

性格的にも真面目で、頑張り屋なんでしょうね^^

ただ真面目過ぎるせいで
「こうでなければ駄目だ」
という像を造ってしまって、
それによって苦しめられた思春期なんだろうな、と思いました。

 

Sponsored Link

 

元彼女によるフラッシュ写真?

そんな小山慶一郎くん、過去に付き合っていた彼女に
逆襲を喰らい、痛い目に合わされたという噂があります。

小山慶一郎iyadamo

その彼女はレースクイーン(仮称A子)らしいのですが、
週刊報道雑誌『フラッシュ』の記者に対して、
小山くんとの過去の関係をペラペラと話したといいます。

プレイの癖がどうのとか、ブツが細く固いとか
かなり細かく生々しい証言までされたらしいのです。

A子さん曰く、小山くんとは2009年から
約3年間関係があったのですが、
何故かはわからないが急に連絡が
取れなくなってしまって関係は消滅してしまったとのこと。

小山くん、この時点で何か嫌な予感が
していたのではないでしょうかw

ジャニーズの人気者という立場上、場所であれ人であれ、
何であれ危険を内包する要素からはできるだけ身を遠ざけなけらば、と。

 

A子さんはフラッシュに対して写真まで持ち込んだらしく、
恐らくけっこう多額の報酬を得たのではないかと思います。

寝顔写真も、実際にフラッシュに公開されていました。

きっとA子さん自身も小山くんにブチられたことに対して
復讐したいという気持ちもあったのだろうと思いますし、
さらに報酬がもらえるわけですからそれに乗ってしまったのでしょう。

もちろん、決して人間的には褒められたもんではないですし、
だから小山くんに捨てられるんだ、ということも
私としては言いたくなるところがあるのですがw

 

これは多分ですが、事実ではあるのではないかと思います。

小山くんも詰が甘いというか、別れについては
もう少し慎重にならなければなりませんでしたね。

女性は敵に回したらとても恐ろしい―

結局、そんな内容の記事になってしまいました(笑)




Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



カテゴリー

このページの先頭へ