京本大我、彼女は三吉彩花でも性格は天然で病系?

ジャニーズJr.の京本大我くんは、
どうやら相当な勢いで天然であるようです。

しかしながら、彼女が今をトキメく若手女優の三吉彩花さんである
という噂がありましたので、その辺りにズームインしてみました。

プロフィール

京本大我ikemete

【本名】京本大我(きょうもとたいが)
【生年月日】1994年12月3日(21歳)
【出身】東京都
【身長】174cm
【体重】52㎏
【血液型】B型
【入所日】2006年5月4日(11歳)

☆wikipediaページは<コチラ>
まとめページは<コチラ>

 

Sponsored Link

 

父親はなんと、あの名俳優である京本政樹さん。

京本政樹kakoii

顔はなんとなく似ていますね^^

 

母親の山本博美さんも元アイドルとして活躍をされていた方です。

そしてその母方のいとこが人気タレントの小池徹平くんなんです。

意外なところに繋がりがありますよね。

かなり、芸能人的な家系であると言えます。

 

Sponsored Link

 

性格が天然で病系?

京本大我くんは、とりあえず特徴して
性格が非常に天然であると言われています。

京本大我iikanji

例えば食レポをした際、

「うん、なんか口応えが良い!!」

と平気で言って退けたり。

歯ごたえの間違いではないでしょうか(笑)

 

さっきしたばかりの話の内容について、
まるで聞いておらず再度尋ねるというイタイ行動。

 

帰国子女ではないのに、
自分のことを帰国子女だと言い出す。
その理由は「海外旅行を経験しているから」

 

そうなると、単純に「頭が悪いのか?」
と疑う方が出てくるかも知れません。

ですから、高校について調べてみました。

京本大我くんの出身高校は、中高一貫校である成城学園

高校の偏差値は62もあります。

ただ中高一貫ということもあって、
中学から高校に上がる際の試験は決して難しいものではないようです。

偏差値だけ見ると頭が良さそうですが、
実際あまり勉強をしていなかったかも知れませんね(^-^;

それから堀越学園に転校していますが、
堀越は学力が基本的に必要のない学校ですし、
芸能コースであるならなおさらです。

 

「病系」とも言われているようです。

病系というのは、ジャニーズタレント小説の
ジャンルの一つでもあるのですが、
京本大我くんの場合はもともと性格が天然で
宇宙人的なのでそれも自然と掛けられているところがあります。

「病系の性格」ということですね(^-^;

自由奔放に育ち過ぎてしまったのでしょうか。。。。(笑)

ただ非常に可愛い顔をしていますし、
悪気がなく無邪気であるため憎めないですよね^^

非常に得してるのではないかと思います(笑)

 

ちなみにこちらは病的な天然で得をしてそうな人物の一人です。

平野紫耀は名古屋産で性格が天然Jrw画伯の異名

 

彼女は三吉彩花でカラオケにて目撃情報?

京本大我くんの彼女の噂については、様々言われています。

まず2011年の夏頃、大我くんと元SUPER GIRLSの稼農楓さんが
カラオケデートしているところを頻繁に捉えられていたようです。

稼農楓ganbare

稼農楓さんはもともと大我くんの大ファンであって
恋人関係になったそうなのですが、
ちょうどその時期に中絶をカミングアウトしました。

ということは大我くんが父親なのか
と多くのファンが心配したところですが、
どうやら父親は別の人物であったようです。

これはこれで大我くん事務所やファン側にとってはまだ良いのですが、
稼農楓さん側としては全く宜しくない事態です。

つまり、アイドルグループに所属していながら
浮気をしていたわけですからね。

カミングアウトしなくて自然にバレても
大きな問題になったのでしょうが、
正直に告白したところで大変な状況は免れません。

当然大我くんとはそのまま別れてしまいました。

 

京本大我くんはその後、期待の若手女優である
三吉彩花さんと噂になっていました。

三吉彩花yooth

こちらは学年が一つ下なのですが
同じ堀越学園に通っていたため、
二人でイチャイチャしている様子が度々目撃されていたようです。

大我くんはカラオケが好きなので、
またもやカラオケでも目撃されていたみたいです。

もう卒業しているので、その関係が
現在まで続いているかどうかはわかりませんが。

 

お父さんの京本政樹も昔女性関係が
派手だったみたいなのでそこは父親譲りなのでしょうが、
下手なことをして人気を落とさないように気を付けてもらいたいところですね^^




Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



カテゴリー

このページの先頭へ