ジャニーズWESTの感動誕生秘話:でも派閥あり!?7人の画像も

これはジャニーズ史にも残る可能性があるくらいに素敵やんな話だと思います。

ジャニーズWESTの誕生秘話についてです。

同グループの誕生は、昨年末から今年の元旦に
掛けて行われた、カウントダウンライブにて発表されたのです。

そのジャニーズWESTに選ばれた元Jr.メンバーは4人でした。

 

Sponsored Link

 

ジャニーズJr.のユニットである7WESTとして
活動していたメンバーたちの内の二人(小瀧望 重岡大毅
B.A.D.のメンバーの二人(中間淳太 桐山照史)です。

以下は、彼らの画像です。

 

小瀧望

小瀧望ureshiko

重岡大毅

重岡大毅blurtee

中間淳太

中間淳太tariman

桐山照史

桐山照史orreti

 

ここで多くの人が「・・・おやや?」と思われる事態が発生したのです。

B.A.D.についてはもともと二人だったので問題はありません。

 

問題だったのは、7WESTの方が4人
(元々7人メンバーだったが、3人脱退していた)であったことによって、
二人(藤井流星と神山智洋)が残された形になってしまったことです。

新しいデビューグループは「ジャニーズwest」であるため、
west7から繰り上がったユニットだと考えた方が
自然でしょうし、恐らく世間もそのようにみていました。

 

そんな中、何故かその元のグループであるwest7から二人のみを上げ、
そしてまた別のグループに所属していた二人の人物を上げる・・・。

最初ジャニーズwestは、そのような形になっていたのです。

ですから、ファンの多くはやはり大きな疑問を感じていました。

その辺りについては、こちらの記事でも
まとめていますのでぜひご参照ください。

神山智洋と藤井流星がデビュー外れた時のエピ。応援ブログが支柱に

 

ドン・ジャニー喜多川に直談判

それは、同じく7WESTに所属していて今回デビューが決まった二人、
重岡大毅&小瀧望、そして他のWESTメンバーの二人も感じていたことでした。

そこで彼らは、かなり思い切った行動に出たのです。

 

ジャニーズ事務所のドンであり、そして業界内でも
圧倒的影響力を誇っていると言われている
ジャニー喜多川氏に対して直談判。

これはなかなか、出来ることではないと思います。

藤井流星くんと神山智洋くん、そして濱田崇裕くんの画像です。

 

藤井流星

藤井流星kireigao

神山智洋

神山智洋画像3

濱田崇裕

濱田崇裕horse (2)

 

濱田崇裕さんは、Jr.時代は元々どこのグループにも
属してませんでしたが、今回一緒にデビューすることが決まりました。

 

彼は現在25歳とJr.としては高年齢ですが、恐らく

Jr.として腐らず一生懸命頑張っていたところが
他のメンバーの心に響いていた

のだろうと思います。

そういう人でなければ、関ジャニという繋がりのみで
わざわざ一緒にやりたいなんて思わないでしょうからね^^

彼についての記事&画像はこちらです。

元日の発表後に「4人でいくと言われて正直決心した部分があった」という最年長の中間だが、年明けに3人と出演した関西ジャニーズJr.のコンサートを通し「お互いを輝かせるのはこのグループしかない」と決意。「僕らで(3人の加入を)直接社長に直談判した」と明かすと、「ジャニーさんも『ユーたちが、本当にいいと思ってやっているんだったらそれは間違いない。ただ、自分たちの言ったことに責任を持ってしっかりやりなさい』と言ってくださった」と感謝した。
オリコンスタイル記事より

これは本当に感動的ではないでしょうか。

この元Jr.のメンバーたちは、
相当な強い絆によって結ばれていたわけですね。

世間でもやはり、喜びの声が非常に多かったです。

 

それにしても、もともとジャニーさんは残りのメンバーを
デビューさせることはとりあえず考えていなかったのでしょうか。

いずれにしても、そこには何らかの意図があったはずです。

ジャニーさんの経営手腕については、
業界内でも崇拝されるレベルですからね。

 

しかし最終的にそれを

「ユーたちが、本当にいいと思ってやっているんだったらそれは間違いない」

と、納得しています。

こんな自分よりもはるかに人生経験が浅く、
そして何よりもキャリアが圧倒的に違い過ぎるにも拘わらず、
彼らの要望を聞き入れたというところにジャニーさんの底知れぬ大物感を感じます。

「ユーたち、俺を舐めてるのか?お前たちとは考えの深さが違うんだYO!」

となってもおかしくはないところだと思います
(もちろんジャニーさんは優しい方なのでそんな言い方はしませんが)

 

と同時に、ジャニーさんがどれほどすごい人なのかをわかっていながら、
それでも敢えて交渉をしたメンバーたちの思いやりには本当に胸が熱くさせられます。

 

そしてジャニーさんは、こういう言葉を付け加えています。

「ただし、自分たちの言ったことに責任を持ってしっかりやりなさい」

これは一見厳しくも聞こえるかも知れませんが、
すごく愛情に満ちた言葉だと思います。

 

自分の言動、行動に対して責任を持つ。

当然なことなように聞こえますが、
私たちは意外とこれが出来なかったりします。

例えば誰かに仕事を任せて何か問題が起こった時、
自分にも責任があるはずなのにそれを棚に上げて、
ついついその問題を実際に起こした人ばかりを責めてしまったりします。

この場合自分の指示の仕方が悪かった可能性も、
間違いなくありますよね。

 

それを自分でも気付いていなくて、
人から指摘されて始めて気付くこともあります。
常に自分の言葉や行動には、責任を伴っている。

その「責任」という意識があるからこそ、
「じゃあ自分は何を改善すべきか」
というところに繋がるわけなんですね。

 

そういう考え方をすることによって、
本当の問題が何なのかが見えてくるだろうと思います。

ですからジャニーさんのこの言葉は当然のことのようで実はすごく深くて、
私たちがもっともっと強く意識しなければならない言葉なのだろうと私は思います。

 

Sponsored Link

 

派閥があるの?!

さて、そんな感動秘話を持つジャニーズWEST
なんですが、ある派閥に属しているという噂です。

・・・・!

何だか急に物々しい雰囲気になってきましたwww

実はジャニーズには二つの派閥があると言われているんです。

 

一つ目は、ジャニーズ事務所の副社長である、
ジャニー喜多川社長の姉・メリー喜多川の娘である
藤島ジュリー景子氏の派閥

 

そしてもう一つは、SMAP育ての親で
チーフマネージャーの飯島三智氏の派閥です。

 

それぞれ、ジュリー派閥飯島派閥と呼ばれています。

何故このような派閥が出来ていると言われているかというと、
結局事務所の社長であるジャニーさんの後継者争いとして、
表向きではないけれども何らかの競争が行われていると考えられているからです。

ジャニーズWESTは、飯島派閥に属するようです。

 

ただこれについては、週刊誌が面白おかしくしようとして
取り上げた取り留めもない噂に過ぎないということも言われています。

もちろんどちら寄りになってるのかというのはあるのでしょうが、
別に内部抗争(冷戦的なもの)が起こってるわけではないでしょう。

競争もあるかも知れませんが、
どこの企業だって社員同士競争しますからね。

問題なのは、それが相手を蹴落としでも
自分が勝利を収めようとすることだと思います。

 

そうすると足の引っ張り合いになるので、
その会社の経営は効率が非常に悪くなってしまいます。

だから仲間同士という意識を持ちながらにしての競争
という意識を保っていさえすれば、それは会社にとっても最も良い形となりますからね。

 

さぁ、そんな確実に連帯感の
強いグループになりそうなジャニーズWEST。

これからの雄姿に期待ですね^^




Sponsored Link




コメントを残す

サブコンテンツ

ブログランキング



カテゴリー

このページの先頭へ